住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > ローン破綻のケース > 離婚で住宅ローン破綻

離婚で住宅ローン破綻

離婚で住宅ローン破綻

結婚後に住宅をご購入されている場合、離婚時にまだローンが残っているとその扱いが問題になります。

家を売却し売却益を分け合うか、片方がそのまま住みローンを支払い続けるかなど様々な解決方法がありますが、 このケースではやや特殊な、夫が家を出、家賃を支払い、妻がそのまま住み続けた場合になります。
ローン破綻のケース


このケースでは結婚後住宅を買う際、夫が名義人、妻の方に連帯保証人になってもらいました。
その後離婚することになり財産を分割しますが、住宅に関しては離婚協議の結果妻は家にそのまま住み、夫は家を出ていくことになりました。
無論ローンを組んだのは夫のほうですのでローンの支払は夫が続けていきます。

ですが夫の方はその後体調を崩し、結果入院してしまいます。
当然ローンの支払は滞ります、その結果ローンの連帯保証人となっている元妻の方に家を競売の通知が届きます。
無論元妻に支払えるわけもなく、家は競売に出され足りない分の残債を背負うことになってしまいます。

離婚時はこのようなトラブルが多いです。
任売相談所では離婚については専門外ですが、問題になる不動産の扱いなら専門家です。
離婚時の時の不動産の処分についてなら「任売相談所」にぜひご相談ください。

※通常ローンを組んだ金融機関はこのような事にいい顔はしません。住宅ローンは本人の居住を条件にしているからです。
このケースでは話を簡単にするためにこのように書いています。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談