住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > ローン破綻のケース > 安易に自己破産を選ばない

安易に自己破産を選ばない

安易に自己破産を選ばない
住宅ローンの支払いが不可能となると安易に自己破産を選んでしまう方がいます。
どうも自己破産をすれば家を手放さずに借金はすべてなくなると勘違いしているようです。
自己破産しても自宅は任意売却や競売の対象にされてしまうというのに・・・。
しかも弁護士費用などで余計にお金がかかってしまいます。
ローン破綻のケース


住宅ローンなどの支払に行き詰ってしまうと頭をよぎるのが「自己破産」のキーワード。
ですが自己破産はお勧めできません、特に住宅ローンによるものならなおさらです。

なぜなら自己破産すれば確かに借金はなくなりますが、その前に全ての財産的価値のあるものは換金され借金の返済に当てられてしまうからです。
つまり自己破産後は手元にほとんど何も残りません。
家も車もその他売れるものは全て売られてしまい借金の返済に当てられます。

それでもまだ残っている分の負債が自己破産によって無くなるわけです。

ここでよく考えて欲しいのが自己破産すると「家とそれ以外の換金できるもの全て」が売られてしまうという点です。
つまり任意売却などで自宅を高く売り、その額が負債の額を上回れば失うのは家だけで済むという事になります。

住宅ローン破綻の場合は大抵負債は住宅ローンの残債です。
自宅の売却資金でかなりの部分を返済できる可能性が高く、また全て返済できなくても負債を大幅に減らす事が可能です。
3000万の負債が300万に減ったなら自己破産せずともなんとかなると思えるのではないでしょうか?

自己破産はデメリットが多く特に住宅ローン破綻に関しては行わないほうが賢明と言えます。
家はどちらにしても売られてしまうにも関わらず、他の費用が発生するからです。

住宅ローンの返済で苦しんで自己破産をお考えでしたら、まずは「任売相談所」にぜひご相談してみてください。
自己破産などしなくても住宅ローン返済問題は解決できます。まずはご相談を!

※自己破産については当ホームページの 自己破産とは? でも解説しています。
より詳しく知りたい方はそちらもどうぞ。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談