住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > ローン破綻のケース > 

ローン破綻のケース

住宅ローン滞納問題の様々なケースをご紹介致します。

実際に弊社にご相談のあったものから、
弊社以外にも実際にあったケースなどをご紹介します。

これらにもし当てはまっているという方がいらっしゃいましたら、
「任売相談所」に相談することをお勧めします。
ローン破綻のケース


  • ボーナス返済が出来ずにローン破綻
    住宅ローン返済には毎月返済と、それとは別にボーナス時にまとめて返済するボーナス返済があります。
    ですがいつもボーナスが出るとは限りません。
    このケースはその「出なかった」時の話になります。
  • 固定資産税が払えずにローン破綻
    住宅を購入すると毎月の支払以外にもお金がかかります。
    代表的なものは固定資産税と都市計画税などです。
    これは税金を考慮に入れていなかったケースになります。
  • 離婚で住宅ローン破綻
    結婚後に住宅をご購入されている場合、離婚時にまだローンが残っているとその扱いが問題になります。
    このケースでは離婚協議の結果、夫が家を出て家賃を支払い続け、妻がそのまま住み続けた場合になります。
  • 繰り上げ返済のしすぎで住宅ローン破綻
    住宅ローンは長期に渡るため、支払う利息の額もかなりの額になります。
    ですが入ってきたお金を全て繰り上げ返済に回してしまうと手元にお金が残らないため、急な出費に対応出来ません。
    このケースはその「急な出費」が起こった場合のケースになります。
  • 安易に自己破産を選ばない
    住宅ローンの支払いが不可能となると安易に自己破産を選んでしまう方がいます。
    どうも自己破産をすれば家を手放さずに借金はすべてなくなると勘違いしているようです。
    自己破産しても自宅は任意売却や競売の対象にされてしまうというのに・・・。
任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談