住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > 住宅ローンコラム

住宅ローンコラム

ここでは住宅ローンにまつわる
様々なお話をしております。

またメールマガジンの補完的お話や、
ローン関係にまつわる時事ネタなどを
取り扱っていきます。
ご相談のケース


2011.10.12 強引なマンション販売の規制強化 宅建業法の施行規則が一部改正されました。
その内容はと言うとズバリ
「マンション販売業者による強引な勧誘の禁止」

以前から一部のマンション販売業者による強引な販売方法が問題視されていました。
買う意志がないにもかかわらず何度も長時間の勧誘を続けたり、更に悪質なものは深夜に押しかけ勧誘するなど悪質なケースが消費者から寄せられていました。
それを受けて国土交通省は宅建業法を改正し、改正後の運用について「国土動指第26号」を通知します。

その内容は大きく分けて4つです。
以下に国土動指第26号よりその題目を示します。

第1 勧誘に先立つて、宅地建物取引業者名、担当者名、勧誘目的を告げずに勧誘を行うことの禁止
第2 相手方等が当該契約を締結しない旨の意思(当該勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含む。)を表示した場合の再勧誘の禁止
第3 迷惑を覚えさせるような時間の電話又は訪問による勧誘の禁止
第4 深夜又は長時間の勧誘等によりその者を困惑させる行為の禁止

個々の題目内の細かい規定については参照先リンクでご覧ください。

強引な勧誘でしょうがなく投資用マンションを買わされ、しかもそのローンが払えないというケースもあります。
今回の改正でそのようなことが無くなることを期待します。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談