住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > 連絡・来店依頼とは?

連絡・来店依頼とは?

連絡通知は毎月の住宅ローンの支払い日に支払いできないと金融機関から届くいわゆる支払をお願いする葉書です。
来店通知は住宅ローンの滞納を続けると届く、その件について話し合いたいから来店して欲しいというお願いをする書面です。
これらの書類は決して無視してはいけません。実際に確認し話し合いの為の行動を起こしましょう。


連絡・来店依頼とは?
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から借入している場合、毎月の支払い日に支払い(引き落とし)できないとその分を支払うようにとの葉書が届きます。
これが連絡通知と呼ばれる物です。

この葉書が届いてからも延滞を続けているようだと、
今度は来店依頼(面談)の書面が届きます。
来店依頼はローンを組んだ金融機関から送られる書面で、
大まかな内容は
「延滞した住宅ローンについて話し合い、これからの支払いについて協議しましょう。つきましては何時何時までにこちらに来店下さい」
のようになっているものです。
内容からわかるとおり今後のローンの支払についての面談を行いましょうという提案の書面になります。


これが来たらどうすればいいの?
・連絡通知の場合
単純な振込忘れやたまたま口座にお金がなかった場合などは早急に振り込みましょう。
また単純なミスで振込み忘れが起こったとしても、それが何度も続くようですと支払い能力がないのでは?と思われてしまい、大事になることもありますので気をつけましょう。

もし連絡通知が来た時点で既に住宅ローンの支払が困難になっている場合は、早期にローンを組んだ金融機関のところに相談しに行きましょう。

・来店依頼の場合
仮に今現在滞納分を支払いができないとしても、必ず面談に行きましょう。
今すぐ返済できないだろうということは先方も知っているはずです、その事についてこれからどうするかということを話し合う場として面談を設けたわけですから。
また仕事の都合で行けないとしても、その旨を必ず連絡しましょう。これは債務者であるあなたの為に行っていることだからです。

嫌な経験かもしれませんがこれを無視するといよいよ状況は悪くなっていくからです。
特に自宅が競売にかけられてしまう方はこの段階で話し合いに応じずそのままズルズルといってしまうというパターンが大変多いです。

せっかく債権者側が話し合いの場を設けてくれたのですから、必ず話し合いの席につくようにしましょう。

上記2つの書類が届いた段階で住宅ローンの返済の改善の目処が立たない場合は、早期に身内間売買などで安く買い戻したり、任意売却をご決断されたほうが良いでしょう。
当社ではそれらのお手伝いもさせて頂いております。金融機関との交渉など面倒事は全て私たちにお任せください。
当社ではお客様が安心して任せられるよう、信頼あるスタッフが誠心誠意対応しています。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談