住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > 督促状とは?

督促状とは?

住宅ローンの支払いが滞り続けると督促状が届くようになります。
これは滞納した住宅ローンの支払を求める請求書のようなものです。
この段階で返済ができるなら問題解決ですが、出来ない場合は早期に行動を起こす必要があります。


督促状とは?
住宅ローンの滞納が2〜3ヶ月目となったあたりから「督促状」が送られてくるようになります。
督促状とは強い意味を持った請求書で、書式は金融機関によってそれぞれ異なりますが、大まかには
「○月○日までに返済が遅れている分をまとめて支払ってください。支払いがないと融資金額の一括返済を請求しますし、また住宅や土地を競売に流すことで融資金額の回収いたします。」
という主旨の内容になります。

つまり
住宅ローンの滞納分を払ってください。このまま滞納を続けるなら、
  • 残りの住宅ローン金額を一括請求します。
    住宅ローンの残りが2000万円なら2000万円をまとめて払ってくださいと請求されます。
  • 抵当権を実行し、あなたの家や土地を競売にかけ売り、そのお金を住宅ローン返済の一部にあてます。
ということを言っています。

ですが督促状を受け取ってからでも、まだ今後の支払計画についての話し合いができる可能性はあります。
できればこの段階で滞納分を支払ってしまうか、または話し合いの交渉を行う必要があります。


これが来たらどうすればいいの?
支払えるようでしたら、督促状に示されているとおりに住宅ローンの滞納分の支払いを行いましょう。
「すぐに支払えない、相談したい」という時は時間を作って一度金融機関の方に出向き相談してみましょう。
仮に忙しくて時間が取れないとしても、金融機関はそれを待ってはくれません。
これはあなた自身に関わる重要な問題です、無理にでも時間を作るか、時間の都合について金融機関と相談してみましょう。

もしまとめて支払うほどお金が無い、今後とも支払える見込みが立たない・・。
このようなときは当社にお任せください。不動産関係のプロたる当社がお客様の都合にあうような解決プランをご提案させていただきます。
このまま待っていても事態は悪くなるだけです。ご相談は無料ですので早期のご相談をお薦めします。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談