住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > 期限の利益喪失通知とは?

期限の利益喪失通知とは?

催告書を受け取った後も、あなたが住宅ローンの滞納分をまとめて払えずにいると、借入先の金融機関から届く書類がこの「期限の利益喪失通知」です。
期限の利益を失うと、債務の分割払いができずに一括で請求されてしまいます。
この書類が来るともうご自宅は失ったものと考えてください


期限の利益喪失通知とは?
住宅ローンを借りる時は、返済は毎月決められた期限に決められた額を支払えば良いということになっています。
ですでの住宅ローンを借りて、その次の月に「残りのローン全額を返せ」、とは言われることはありません。
これは住宅ローンを借りる際に締結した「金銭消費貸借契約書」などの条項に、住宅ローンの返済は月々の返済で良いという条項からもわかります。

つまり毎月の返済日に、約束した金額を支払えば良いという権利とも言えます。
大まかに言えば「分割返済が出来る権利」と言う事です。この権利のことを「期限の利益」といいます。

ですが住宅ローンの滞納のように毎月の返済が滞ると、約束である毎月の支払を破ることになり、その為この分割払いの権利を失っていまいます。
分割払いの権利を失うということは、住宅ローンの残りを全額一括払いで支払う事を要求されます。
つまり「期限の利益喪失通知」に指定された期日までに滞納分を払わないと、住宅ローンの残りを一括して支払わなければならなくなります。

またこの書類が届く前に「期限の利益の喪失予告」「最終督促」という名前の予告の書類が届くことがあります。
送り主は金融機関だけでなく、その金融機関から業務委託を受けたサービサーと呼ばれる業者から送られてくることもあります。


これが来たらどうなるの?
期限までに延滞金および利息を支払えない場合家を売られてしまいます。
そうならないための対応策は2つしかありません。

1つは期日までに延滞金及び利息をまとめて支払うことです。

ですがもし一括で住宅ローンの残りを支払うだけのお金があるなら、既に支払っているはずでしょう。

もし期限内に支払うことができない場合、債権者(金融機関など)は担保にしている不動産を競売にかけ売り払い、融資したお金を回収しようとします。
つまりあなたの家を取り上げ、売ってしまいそのお金を債務の返済に当てるのです。

もう一つは自分から任意売却を行うことです。
どのみち支払いの見込みが無いのであれば自宅は売られてしまいます。
それなら少しでも自分に有利になるように高く、また自分に都合のいい様に売ろうというわけです。
自分で主導権を握りたいのであれば「やるべき事」を参考に今後の計画を練ったほうが宜しいと思われます。

期限の利益喪失通知が来たらやってはいけない事
他の書類の時と同様「何もしない」は絶対いけません。

また当座を凌ぐために借金などをして「期限の利益喪失通知」に書かれた延滞金などを支払うということも避けたほうがいいと思われます。

これはこの書類が来るまで滞納を重ねたことから月々の支払が苦しいのにさらに借金の返済の上積みで月々の負担がさらに増すからです。

期限の利益喪失通知が来たらやるべき事
お金に余裕があるなら一括で返済すべきです。

ですが余裕が無い場合は自分に有利になるような積極策を取ることをお薦めします。
それが任意売却です。

このような状況になった場合は「競売で不動産を処分する」か「任意売却で不動産を処分する」かの2択しか無くなってしまいます。
どちらにせよご自宅を売却して手放さなすことはさけられないならば、一般的により高く売れ、債務も減らせる任意売却をお薦めしております。
任意売却を行うなら相談は無料ですので、不動産の取り扱いのプロたる当社にご連絡・ご相談下さい。

競売や任意売却は不動産の売買が関わってきます、つまり最も適任なのは実際に不動産関係の仕事をしている人ということになります。
我々は不動産の相場も知り尽くしていますし、売買のノウハウ、コネクションなども豊富に持っております。
必ずやご依頼人様の信頼に答え、より良い結果を出すよう全力を尽くさせていただきます。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談