住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > 代位弁済のご通知とは?

代位弁済予告のご通知とは?

住宅ローンの滞納が続くと「期限の利益喪失通知」が届きますが、これとは別に住宅ローン保証会社から「代位弁済予告のご通知」「保証債務履行のご通知」(金融機関によって名称は異なります)が届きます。
これを無視して放置すると債権者が金融機関から回収のプロたる保険会社に代わってしまいます。
またこの書類が届いているという事は自宅が売られることはほぼ確定しています。
個人でできることはありません、専門業者へのご相談をお薦めします。


代位弁済予告のご通知とは?
代位弁済とはなんでしょうか?

あなたが住宅ローンを借りる時に金融機関とは別に、保証会社との間で「保証委託契約」を結びます。
これはあなたに対する融資の保証を、保証会社に依頼するというものになっています。
もしあなたが住宅ローンの支払を滞納し、返済を継続できない場合保証会社があなたに代わり金融機関に借入金残高全額を一括で支払います。
あなたの住宅ローンの残りが2000万なら、その2000万を保証会社が金融機関に一括で支払います。
このようなことを代位弁済といいます。

あなたの住宅ローンを保証会社が肩代わりしたからあなたの債務が無くなるのでしょうか?
そんなことは無論ありません。
ただ返済する相手が金融機関から保証会社に変わっただけです。
保証会社はこのようなことに対するプロです。よって残債務回収自体もより厳しくなると見てよいでしょう。

代位弁済予告の通知とは上記のように「回収相手が変わる」ことと「ローンの残債まとめて払ってもらう」ことを予告する通知する書類になります。
予告の段階ではまだ今までの滞納金および利息を支払えば上記のようなことは起こりませんが、支払えず滞納しつづけると「代位弁済通知」が届き代位弁済が行われます。

また上記の書類は内容証明郵便や特別送達によって届けられることもあります。


これが来たらどうなるの?
代位弁済予告のご通知」の場合は支払いができるならば、代位弁済を行われることはありません。ですが支払われないならそのまま代位弁済されてしまうでしょう。
保証債務履行のご通知」の場合は既に代位弁済が行われた後のためもはや自宅を売却して返済する以外の手段は失われます。

このような書類が届くようになったらもはやあなた個人ではできることは殆どありません。
出来ることといったらその道の専門家に相談して何らかの活路を見出してもらうことです。

代位弁済が行われた後は大きなデメリットが有ります。
まず一つは代位弁済に関する通知を受け取ったあとでは、金融機関に住宅ローンの分割による支払いを受けてくれるように交渉を行っても大抵は応じてもらえません。
ほとんどの金融機関はこの期に及んでは一括での返済しか認めません。
上記の例で言うなら2000万を一括で支払え、ということになります。
ですがそれを支払えるならそもそも払っているでしょう。
一括で返済できないならばどうなるか?保証会社はご自宅を売却しその代金を返済資金に当てることになります。

一括返済できないなら家を売られてしまう、これが一つ目のデメリットです。

もう一つは代位弁済が行われることによって団体信用生命保険(団信)の契約も解除されるということです。
このタイミングでもしあなたに何かあれば残りの住宅ローンに対する保険金は下りません。よって残されたご家族の方が大変な窮地に追い込まれてしまいます。

代位弁済予告のご通知が来たらやってはいけない事
大概の方が一括支払いと聞いて諦めてそのまま流されるままになるか、自己破産してしまいます。

ですがまだ打てる手は残っています。
たしかにもはやあなた個人ではできることは殆どありません。
ですがその道の専門家に相談すればまだ道が開ける可能性はあります。

取るべき手段を取らずに諦めること、それが一番やってはならないことです。

代位弁済予告のご通知が来たらやるべき事
あなた個人ではできることは殆どありません。
出来ることはその道の専門家に相談して何らかの活路を見出してもらうことです。

もしこのような書類が届いたら、これ以上住宅ローンの返済で悩むよりは一度当社の無料相談を受けてみて下さい。
不動産関係のプロたる私達が、きっとご依頼者たるあなたの信頼に答えこの問題を解決してご覧に入れます。
その際は既にこのような書類が届いているということをお伝え願えれば当社も迅速な行動を取れます。
ここに至ってはスピードが命です。悩んでいるくらいならまずは相談してみましょう。

任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談