住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)や住宅ローンの滞納、不動産の差し押さえを受けたならご相談下さい。任売相談所
任売相談所TOP > 住宅ローンの破錠例

住宅ローンの破錠例

住宅ローンの破錠は会社倒産や健康不良による失業、不況による供与の大幅な減額、離婚など人生における大きな痛手が原因となって連鎖的に起こります。
ここでは「仮想の設定」を元にどのように対応するかを紹介します。


収入の減少でローンが払えなくなったケース
サラリーマンのAさんは5年前に3000万円のマイホームを住宅ローンで購入しました。
購入後数年間は返済計画通り毎月の支払が出来ていました。
しかし前年度、不況の影響でAさんの務める会社の業績が悪化し社員の給与・ボーナスとも大幅カットになってしまいました。
特にAさんはボーナスでの返済計画を当て込んでいた為、支払い自体が苦しくなりついにはローンの支払を滞納することになってしまいました。
二度の住宅ローンの支払を滞納してからしばらくしたある日、自宅に債権者(住宅ローンを借りた金融機関)から催促状が届いているのを見つけました・・・。

交渉できるうちに行動するのが肝要です
上記の例からわかるように、ご自身ではどうしようも無い周りの環境の変化などによって返済計画は呆気なく崩されます。
特に近年は不況の影響で、以前の景気を基準にしてローンを組まれた方などは支払いができずご自宅を競売に流してしまうということが起きています。

このような場合は早期の対策が必要です。 収入の減少が一時的なら良いですが、こればかりはご自分ではどうしようも無いからです。

このような時こそ考えるより実際に行動を起こさないといけません。 まだ債権者と交渉が出来る状態のうちに手を打たないと事態は更に悪い方に進むからです。
事態の好転を待つというのはここではお勧めできません、この場合時間は味方になってくれないからです。

早く行動を起こせば債権者との交渉で家を手放すこともなくローンの支払を見直すといった形で収まることも可能です。
ですが逆に行動が遅れると家を手放すことにもなりかねません。
もし交渉の時期を逃してしまった場合は任売相談所にご相談下さい。
最悪の事態を避けるようお手伝いさせていただきます。
任売相談所」へのお問い合わせ・ご相談・ご依頼は一切無料です。
秘密厳守・安心実績・迅速対応をお約束します。

土・日・祝日も年中受け付けております。
任意売却の電話相談 任意売却のメール相談