↓住宅ローン滞納や競売でお困りの方はコチラまで↓ 年中無休9:00-22:00まで受け付けています
0120-834-281


関東圏なら当社にご相談下さい。
無料相談受け付けております。

催告書とは?

催告書が来たらかなり危険状態にあることを自覚してください。
中身を必ず確認し、返済を行うか、それが不可能なら任意売却の手段をご検討下さい。催告書が来た時点ですでに時間との勝負になっています、迅速な行動があなたを救うことに繋がるのです。



Q:催告書とは?
A:住宅ローンの延滞を何ケ月か続けて、その間に届いた「ご連絡」・「来店依頼」・「督促状」などを無視し返済計画も立てず、返済も行わないと、住宅ローンなどを借りている金融機関(住宅金融支援機構など)から「催告書」という書類が届きます。
催告書の中身はそれぞれの金融機関に応じて独自の書式をしていますが、大体において
「指定期日まで○○円支払わなければ法的手続きに移行する」
という文面になります。
催告書と督促書の中身は大体同じことが書かれているのが解ると思います。
ですが明らかに違うのは催告書は法的手続(最終的には競売になります)へ移行するための前提となる書類ということです。また文面も大抵は督促状より厳しくなっています。


Q:これが来たらどうすればいいの?
A:もし文面に書いてある額を支払えるのであれば、債権者に返済すれば問題は解決しますが、支払えない場合はどうなるのでしょうか?
支払えない場合は書類に書いてあるとおり法的手続きに移行します。法的手続きの最終段階は競売という流れになります。

競売の申し立てをするには債権者はある金額を裁判所に支払う必要があります。
その為この費用を支払い、申し立てを行ってしまった後では、任意売却に切り替えるのが難しくなってきます。
ですので催告書が来たら早い段階での行動が必要となります。

もし文面に書かれている額を支払うことができないのであれば早期のうちに任意売却の手続きを行うことをお勧めします。
実際にどのような行動をすればわからないという方は是非当社にご連絡・ご相談下さい。お客様の信頼を裏切らない安心のプラン(任意売却も含む様々なプラン)をご提案させていただきます。


次→担保不動産競売開始決定とは?

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /var/www/html/mv/document3.php on line 15