↓住宅ローン滞納や競売でお困りの方はコチラまで↓ 年中無休9:00-22:00まで受け付けています
0120-834-281


関東圏なら当社にご相談下さい。
無料相談受け付けております。

競売とは?


裁判所の指導のもと、債務者から差し押さえた不動産を新聞やインターネットなどで競売広告をし、入札制度で落札したものに売却するシステムのことを言います。


競売とは債務者(あなた様)が住宅ローンなどの債務の返済を滞らせてしまった場合、債権者(金融機関など)が裁判所に対して申立てをし、裁判所の指導のもと債権者が債務者保有の不動産を差し押さえ、売却することをいいます。

売却手段は新聞や業界紙、インターネットなどを用いて競売広告を行い、裁判所が定めた最低売却価格以上で、最高値で入札した人によって落札・売却されます。
この競売広告活動の為、ご近所の方にご自宅が競売に出されたことが知られてしまいます。
また落札者に主導権があるため売却された実家から立ち退きを勧告され、しかも退去期限も余裕が無いことが殆どです。

最低売却価格は大体市場価格の5〜7割程度になります、その為だいたい市場価格の8割前後で落札されることが多いようです。
この売却価格は市場価格と比べると非常に安い為、売却しても残債務の全返済に届かないことが多く、自宅を失った挙句借金が残るということが多々あります。
つまり競売後に残債(住宅ローン等)がまだ残っている場合は、引き続き支払いを続ける必要があるわけです。

また競売による不動産の売却によって得た金額は債権者に分配される目的などに使われます。ですので債務者の手元には資金は一切残りません。

これらから任意売却に比べ競売は再出発するのが非常に困難で手段であることが解ると思います。

次→競売のデメリット

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /var/www/html/mv/keibai_about.php on line 15