↓住宅ローン滞納や競売でお困りの方はコチラまで↓ 年中無休9:00-22:00まで受け付けています
0120-834-281


関東圏なら当社にご相談下さい。
無料相談受け付けております。

競売の流れ

住宅ローンの滞納を1〜2ケ月続けると債権者(各金融機関様)から督促・催促状が届きます。
督促や呼び出しに応じた場合、債権者を交えて返済についての話し合いがなされます。
督促状については督促状とは?を御覧ください。

呼び出しに応じない場合、各金融機関によって異なりますが3〜6ケ月くらい滞納を続けると裁判所に競売を申し立て申請を行います。
申請が行われると競売の通達及び差し押さえが執行され、競売に出されてしまいます。
こうなる前に任売相談所にご相談ください。
仮に競売の通達が来た場合でも場合によってはまだ間に合うかもしれません。
諦めずに当社にご相談ください!
債権・担保物権などが求償権の範囲で保証会社に移転します。保証会社は代位弁済後、債務者に求償権を行使します。この時点で事故情報としてブラックリストに登録されます。
またローンの分割払いができなくなり、残りのローン全額を払えない場合は物件は差し押さえられ競売にかけられることが確定します。
裁判所から競売開始決定通知が届きます。裁判所から執行官等が物件調査に来ます。物件の写真撮影などを行います。
不動産の最低売却価格・基準価格が設定されます。

期間入札が開始されます。入札期間が過ぎたら裁判所にて開札が行われます。
最も高い価格をつけた人が落札者と定められます。

開札から2日後に裁判所が落札者に売却許可を決定します。落札者に欠格事由等がなければ1週間後に売却許可が確定します。
競売の落札者に所有権が移転され物件を引き渡します。落札者は現移住者の立ち退きの強制執行を行うことができます。
不動産売却で得た資金は債務者の債務返済に使われます。
売却後にまだ債務が残っている場合は引き続き返済を行う必要があります。
競売は債務を全てなくすものではありません、残った債務は返済しなくてはいけないのです。


次→競売になるとどうなるか

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /var/www/html/mv/keibai_flow.php on line 15