↓住宅ローン滞納や競売でお困りの方はコチラまで↓ 年中無休9:00-22:00まで受け付けています
0120-834-281


関東圏なら当社にご相談下さい。
無料相談受け付けております。

任意売却とは?

不動産競売よりも高い市場価格で売却することで、ローン・借入金の残債を減らす方法です。

不況による収入減・失業などにより住宅ローンや借入金の返済が滞ると、債権者(各金融機関)によって自宅を競売※1にかけられてしまいます。
競売にかけられた場合住宅本来の価格の5割から酷い時は2割程度の価格で買い手に売却されてしまいます。
これでは住宅ローンの残りも支払えないばかりか、家も失い借金も残ってしまいます。

ここで任意売却という手段が登場します。
任意売却とは競売よりも高く債権者(あなた様)の自宅を売る可能性の高い手段です。

具体的には住宅ローンや借入金などの支払いが困難になった場合、債務者と債権者の合意のもと対象の不動産(あなた様の家など)の競売入札が開始される前に、債務者の意志で自発的に売却することをいいます。
上記のように債権者と債務者の間に仲介者が入ることで双方が納得の良く価格で売却できるように調整でき、また競売と違い市場で売るので競売よりも高く売れる可能性が高まります。

当ページ「任売相談所」ではこの仲介者をあなた様にご紹介致します。
この不況下住宅ローン返済でお悩みの方は、手遅れになる前に任売相談所にお早めのご相談を。当社も問題解決に全力を尽くさせて頂きます。
次→任意売却のメリット
※1
不動産の所有者(あなた様)が住宅ローン・借入金などの返済が困難になり支払いの滞納を続けると、債権者は抵当権に従って担保不動産を差し押さえ、強制的に売却しそのお金を債権に充てます、これを不動産競売といいます。
ですが不動産競売は時間がかかる、売却時の値段が低めになることが多いなど問題が多々あります。
しかし任意売却によって売却すると、通常競売の落札価格より高い価格で売却ができるので、債務者は残債の整理縮小や債務の再構築を行いやすくなり、債権者は競売より多くの債務の回収ができるなど両者共々メリットがあります。
元の位置に戻る

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /var/www/html/mv/ninbai_about.php on line 15