↓住宅ローン滞納や競売でお困りの方はコチラまで↓ 年中無休9:00-22:00まで受け付けています
0120-834-281


関東圏なら当社にご相談下さい。
無料相談受け付けております。

任意売却 よくあるご質問

任意売却に関するよくあるご質問



Q:任意売却を依頼した場合、費用はいくらかかるのでしょうか?
A:当社は無料です、無論ご相談もです。では相談以外にかかるお金ですが、
  • 遠方へのご相談に関する交通費
  • 任意売却に必要な書類代金
これ以外はお客様からは一切いただきません。当社は任意売却を成立させた場合に、債権者(金融機関等)から費用をいただいております。
詳しくは任意売却の費用を御覧ください。
ページの先頭へ

Q:出来ることなら今の家に住み続けたいのですが。
A:必ずしも自宅を手放さなくてはならないわけではありません。
この場合「買い戻し」と「リースバック」という手段がございます。
「買い戻し」は親族の方や友人にご自宅を買い取ってもらい、あなたは今の家に住み続けながら彼らにローンを支払って行く方法です。
「リースバック」は「買い戻し」が難しい場合お勧めしています。弊社の提携企業など第三者にご自宅を買い取ってもらい、その後賃貸としてあなたが借りてそのままお住みになるという方法です。
ですが弊社提携企業が買い取ってくれない為できないという場合もあります。
ページの先頭へ

Q:自己破産を考えているのですが。
A:債務が住宅ローンのみの場合は自己破産は避けたほうが良いと思われます。なぜなら破産手続きには費用がかかるからです。弁護士に依頼した場合は数十万単位のお金が必要になります。
またお客様ご自身の意思で売却するということができません。
無論全てのお客様に対して必ずしも任意売却が最善の解決策であるとは限りませんが、もし自己破産手続きを考えておられる場合は先に任意売却を行ってから自己破産をしたほうが経済的にもメリットが大きいことが多いです。
自己破産はあくまで最後の手段と考えたほうがよろしいでしょう。
ページの先頭へ

Q:任意売却をするとブラックリストには載るのですか?
A:正確にはブラックリストというものは存在しません。住宅ローンの返済が滞ると事故情報として個人信用情報機関に登録されます。このことを「ブラックリストに載る」と表現している方がいるようです。
質問の答えですが任意売却の前に既に住宅ローンの延滞などをしているのであればブラックリストに既に載っています。
ですので任意売却自体がブラックリストに載ると言うわけではありません。任意売却をせざるを得ない状況になっている場合は既にブラックリストに載っているので気にすることは無いかと思われます。
ページの先頭へ

Q:「期限の利益の喪失」という書類が届きましたが、これは何ですか?
A:支払期限までに返済しなかった場合、契約違反により「期限の利益」の権利が失われます。
「期限の利益」とはおおまかに言えば毎月分割で支払う約束を果たしていれば一括の請求はできないということです。
ですが債務(住宅ローン)を分割で支払う約束を履行できなかった場合、信用がなくなり「期限の利益の喪失」という書類が届きます。
これにより「期限の利益」は失われ、債務の残りを一括で返さなければならなくなります。
こうなってしまうと
  • 一括で残り全額を返済する。
  • 任意売却する。
  • 競売に流す。
など非常に厳しい選択を迫られることになります。詳しくは期限の利益喪失通知とは?を御覧ください。
ページの先頭へ

Q:任意売却をすれば債務(住宅ローンなど)はなくなりますか?
A:お客様の住宅の売却価格にもよります。ですが売却価格が元の値を上回ることはほぼ無いので、債務は残る事になります。
どうしても残債務の返済計画が立たない場合は自己破産という手段を取り、免責がおりれば債務の返済義務はなくなります。
ですが当社としては自己破産はお勧めしません。なぜなら本人は債務を免れますが、連帯保証人、連帯債務者はその責任からは逃れられないからです。
自己破産については自己破産とは?を御覧ください。
ページの先頭へ

Q:住宅ローンの月々の支払を軽減できませんか?
A:リスケジューリングと言う手段があります。略称として「リスケ」とも呼ばれます。リスケは最初に立てた返済方法を変更する事を言います。これにより月々の支払を軽減できます。
ただしリスケを受け付けられる対象者は条件があります。基本的に自分の責任ではなく外部の都合による収入源が原因であることが前提の為、自己都合による転職・退職・離婚などによる 収入源には対応してもらえないことがあります。
また変更が受け入れられても最終的な支払額が増加することもあります。
ですのでリスケについてはよくご検討の上お決めください。
ページの先頭へ

Q:任意売却後の残債はどうなるのですか?
A:残った残債務は無担保債権として完済するまで返済をしなければなりません。
通常この無担保債権は住宅ローン会社やサービサーと呼ばれる会社に譲渡され、彼らが新しい債権者となります。

よって債務者はこの残債務について新たな債権者と交渉を行います。
交渉次第では残債務の減少、月5千円〜5万円くらいの間での分割返済などを行えるようになる場合があります。
ページの先頭へ

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /var/www/html/mv/ninbai_faq.php on line 15